ホーム > 診療内容 > 白内障手術

白内障手術

白内障とは

水晶体が濁り、目がかすむ病気。手術が唯一の治療法。

白内障は、眼球内の水晶体(カメラに例えればレンズ)が灰白色や茶褐色に濁る疾患で、視力低下や、物がかすむ、ぼやけて見えるなどといった症状が現われます。 原因としては、先天性のもの、外傷性や外的刺激によるものもありますが、圧倒的に多いのが老化によるもので、特に40歳代の後半から年齢を重ねるにつれて発症のリスクは高まります。
現在のところ有効な治療法は、手術しかありません。

白内障手術

当院では、最先端の手術機器(ボシュロム社製ステラリス)と最高水準の技術により、安心・安全な白内障手術を実施しています。 当院の白内障手術は以下のような手順で行い、麻酔は点眼のみで、術中の痛みはほとんど感じません。

手術手順

1麻酔:点眼麻酔(4%キシロカイン)
2経結膜一面切開(2.2mm~2.6mm)
※眼内レンズの種類によって変わります。
3前嚢切開
4核処理:混濁した水晶体の核と皮質を超音波で破砕処理します。
5皮質吸引:破砕処理した核と皮質を吸引します。
6眼内レンズ挿入*:吸引した水晶体の部分に人工の眼内レンズを挿入します。

*当院で採用している眼内レンズ

  • 単焦点レンズ:ZCB00(AMO社製)、SN60WF(アルコン社製)、251(HOYA社製)
  • 多焦点レンズ:ZMB00(AMO社製)、Restor(アルコン社製)
  • 乱視矯正用レンズ:IQトーリック(アルコン社製)

レンズの選択により、近視・老眼・乱視の矯正も可能です。当院では、患者様のご希望や状態に応じて、最適なレンズを選択しています。